日本料理

 

京都で食事を楽しまれるときに、一度は会席料理や京料理を選択されることもおありになるのではないかと思います。

 

近頃は、外国の方が「茶懐石」や「精進料理」をリクエストされる機会も増えました。

 

 

 

日本料理、和食と一口に言いましても、様々な料理形態と呼び名があります。

 

簡単ではありますが、わたくしなりに纏めてみようと思います。

 

 

 

先ずは「懐石」と「会席」の違い辺りから、ネットでも簡単に調べられるとは思いますが、

 

選択肢として一番混乱されるカテゴリーでもあるかと思われますので、略式ではありますが簡単にご説明させていただきます。

 

 

 

「懐石」とは、お茶を楽しむための料理です

 

「茶懐石」「懐石料理」の「懐石」とは、禅寺で修行僧が空腹や寒さをしのぐために、温めた石を懐に入れた温石の故事に由来します。

 

転じて、茶の席で出す一時の空腹しのぎの為の軽い食事、客人をもてなす料理を指し、茶事の一環であり、

 

茶を喫する前に出される軽い食事のことを「懐石料理」というようになったといわれています。

 

最初に柔らかい白飯が出てきて廻されます。「懐石」という言葉には「料理」という意味も含まれており、

 

「会席料理」との混合を避けるために「茶懐石」と云われ、本来は茶事の料理です。

 

 

 

「会席」とは、お酒を楽しむための料理です。

 

「会席料理」の「会席」とはもともと連歌や俳諧の席の事を指し、一汁三菜(吸物、お造り、吸物焼物、煮物)を基本に、

 

お通し、揚げ物、蒸し物、和え物、酢の物などの酒肴が加えられ、最後に飯、味噌汁、香の物、水菓子で締めます。

 

「日本料理」においては儀式などで供される「本膳料理」に次いで正式な料理形態らしくいわゆる宴席料理です、「会席」とも云います。

 

 

 

また「京料理」とは、

 

「日本料理」の中の禅宗の「普茶料理」、公家の「有識料理」、茶の湯の「懐石料理」が三位一体となって発展したもので、

 

この京都の地では「懐石料理」も「会席料理」も京料理という事が出来ます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか、「京料理」というのはこの京都の地での日本料理の殆どを網羅し、そして現在も刻々と進化しています。

 

近頃では「会席料理」よりも「茶懐石」、『会席料理」、「京料理」と謳われている料理屋さんも多いかと思われますが、

 

そういう流れを汲んでいるのかと思われると、より味わいを深めて頂くことが出来るのではないでしょうか....

 

それでも進化しても変わらないもの、普遍的に愛され、日本人の味覚に刻まれた優しい味わいの出汁や御飯、そして季節の素材そのものを

 

あま飾らずに味わう好みというのが、日本料理の芯として残っているというのか、真髄ではなかろうかと思っています。

 

 

 

では、今晩はこの辺で失礼致します。