大原野山野草の会


 

私たちがまだ山々の自然と親しく暮らしていた頃に道端に生えていた山野草、 その中には人間に役立つものがたくさん生えていたのです。

 

京都大原野の春、その豊かな自然の中で芽吹いた山野草と日本料理の出会いをお楽しみください。

 


 

ご予約・お問い合わせはお電話で承ります。TEL:075-712-0717

 

 

当日のお料理には新鮮な魚介類が入ります。

 


<大原野山野草の会詳細>

会 費: 13,000円(税込み)4月・5月開催予定:お一人様からご参加いただけます。

 日時は追って、ご案内申し上げます。

 

ご予約は三日前正午までにお願いいたします。 

 

ご予約、お問い合わせはお電話にて承っております。 

 

TEL:075-712-0717


<初夏の大原野山野草 2020年3月の会>


<初夏の大原野山野草 5月の会>

お造り     

弱日粥(なよくさふじ)

烏賊

イタヤ貝

芹とり貝の胡麻和え 

◆ 立 葵(たちあおい)

生 食 生 食

春菊の花 

五月 

立葵 

草海  

野生さくらんぼ 

 

白藜(しろざ:豊年層の原種) 

濾油(こしあぶら)とハルシオン、烏賊の天応ら

クレソンの白和え クレソンの白和

 

虎杖(いたどり)と若芽の荏胡麻    酢和え 

葱坊主と三枚肉の出汁醤油和え

鮎の塩焼き蓼酢和え

白藜と生しらすの卵締め

茗荷(みょうが)茸と嫁菜(よめな)の 淡塩御飯

 

 

 

黒糖寒天寄せと白玉野生ミント添え